愛知県の私立文系大学の情報サイト。大学受験情報、勉強方法、おすすめ教材情報など日々更新︕

名城大学の公募推薦の流れを見てみよう!

公募推薦の流れを知るために名城大学を見てみよう!

 

■試験日 11月12日(日)

■出願期間 10月17日(火)~10月26日(木)

■合格発表 12月1日(金)

■出願条件 日本の高等学校または中等教育学校(文部科学省認定の在外教育施設を含む)を2018年3月卒業見込みで、出身学校長が学力・人物とも優良な志願者として推薦する者、もしくは卒業した者で自己推薦する者。

■試験内容 小論文 70点、面接 30点、調査書 100点 (ただし小論文では英文の課題に対して、日本語で400時以内で論述)

 

となります。

 

<まず出願条件を見てみよう!>

 

基本的に出願は誰でもできる!

 

という事です。推薦だから、内申がよくないと調査書 100点分があるので内申も関係してくるのですが、出願はできます。

 

小論文、面接は基本的にその学部に関する問題が出る事が多いです。

 

<勉強は何をしたらいいの?>

流れは 学校の先生に推薦書をもらう→自己推薦書の記入(自己PRや志願理由です。結構時間かかります)→小論文、面接の練習

 

となります。小論文は練習が必要なので夏休みから練習する必要があります。また、その学部に関係するニュースは日ごろから目を通しておく必要があります。

 

もう一つ注意しなければならないのは、公募推薦は指定校推薦と違い、誰でも合格するわけではないので、一般の勉強も必要となってきます。両方並行して勉強しなければなりません。

 

以上が公募推薦の流れになります。早めの対策をしていきましょう!

塾長 by
愛知県の私立大文系の専門サイトです。愛知県の私立であれば偏差値30台でも合格できます!受験情報、勉強方法など様々な情報を日々更新していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です